ABOUT 株式会社開陽D.A.Iについて

中標津町について

中標津町の風景

TOWN

中標津町は北海道の東に位置する町です。
この町の特徴は、やはりなんといっても広大な自然です! 中標津町は北海道の東に位置する町です。この町の特徴は、やはりなんといっても広大な自然です!

中標津のランドマークともいわれる開陽台からは一面に広がる緑のじゅうたんや、夜空を埋め尽くすほどの星を見る事が出来ますよ。

また開陽台からも見える特徴的な格子状の防風林は、なんと宇宙からでもその形を見る事が出来るんです!

その他にも中標津町は温泉も豊富にあって、露天風呂では野鳥や野生動物を直接見る事も出来るんですよ。

美しい自然と調和し共に生きてきた町、それが中標津町です。

開陽地区について中標津町 PR動画

開陽D.A.Iについてコンセプト

コンセプト

CONCEPT

設立の目的

畑作農家と酪農家が連携したTMRセンターを設立することで、地域ぐるみで生産力増強させ、地域活性化につなげていこうという思いで設立しました。

  • 品質の向上、生産性の向上(高品質飼料の安定供給による牛群成績の向上)
  • ほ場管理の一元化による草地の有効利用
  • 新規就農者の受け入れを容易にし、さらに定着しやすい環境の構築
  • とうもろこしの露地栽培導入による粗飼料自給率の向上
  • 労働力の削減(労働内容の改善)
  • コストの削減(施設、機械の有効利用)

センターの取り組み

組織運営体制と役割分担の明確化
内部協議で構成員各自の役割を明確にし それに基づいて業務を担う。
また、月1回定例の全体会議を開催し、会社運営に対する理解促進と 構成員からの意見収集、経営改善のための情報提供を行う。
外部組織の積極的な活用
自給飼料生産などの業務は利用組合以外に、構成員の出役、農協コントラクターや町内民間コントラクターへ作業委託を行う。
技術支援体制の整備
技術水準向上に対しては、JA、酪農コンサルタント、関係機関の支援を得て、定期的な農家巡回を行うとともに、全体会議の場を 活用した意見交換や勉強会を実施する。
TMRの変質防止
搾乳牛は、春から秋迄は、1日朝·タの2回配送を行い、冬季は1日タ·翌朝の分を1回配送し、新鮮なTMRの供給を図る。
また、乾乳牛育成牛用は、1日1回の配送。細断型ロールベーラーは、乾乳牛·育成牛用TMRで利用。吹雪用としても利用)品質保持機能が高いことから外部販売にも利用している。

MOVIE 動画で見る「開陽D.A.I」

企業情報

企業情報

COMPANY

会社概要

企業名 株式会社開陽D.A.I
住所 〒086-1272
北海道標津郡中標津町字開陽24線北89-4
電話番号 0153-74-3600
代表 山下 匡大
構成員戸数 14戸
会社設立 平成21年4月22日
総頭数 1,766頭
搾乳頭数 1,183頭
オフィス内写真

オフィス写真

オフィス内写真オフィス内写真オフィス内写真オフィス内写真

土地面積 (令和元年度)

牧草地 607.7ha
とうもろこし 269.0ha
その他(畑・放牧地) 189.2ha
合計 1,065.9ha

主要施設(施設名)

バンカーサイロ 31基(62.0m X 12.0m 2.7m)
飼料調製庫 2棟(560.82 m/528.93mf)
飼料タンク 12基(10tタイプ)
飼料タンク 4基( 4tタイプ)
ベルトコンベア 1基
車両用消毒装置 1基
洗車場 1基

車両/機械(名称)

TMR配送用トラック (25t) 2台
自走式ミキサーフィーダ 1台
牽引式ミキサーフィーダ 1台
ホイルローダー 4台
細断型ロールベーラー 1台
4tユニック 1台
リフト 1台

施設写真

施設写真施設写真施設写真施設写真